トイレのウォシュレットからぽたぽたと水漏れがある際の対処法

近年では自宅のトイレにウォシュレットが設置されている住宅もかなり多いです。それとともにトイレのトラブルとして、ウォシュレット 水漏れの案件も各地で報告されています。この場合、水がぽたぽた垂れてくるような症状が多いでしょう。さほど症状も重くないので、自分で何とかできると感じるかもしれません。しかし機械が故障していると、素人が下手に手を出さないほうがいいです。

■自分でできるケース

ウォシュレットの水漏れの中には、比較的軽微なトラブルも見られます。まずは元栓の開きです。あまりに開きすぎている場合、水圧が必要以上に高くなります。結果、内部に大量の水が流れ込んでしまって水漏れを起こします。この場合、元栓を締め直せば問題解決する可能性は高いです。そのほかには給水ホースとの接続部分の緩みも自分で対処できるかもしれません。ボルトやナットなどからぽたぽた水が垂れている場合、専用の工具があればすぐに改善できるはずです。

■業者にお願いしたほうがいい場合

簡単なトラブルであれば、自分で何とか対処できるかもしれません。しかし例えば洗浄水の出るノズルの内部やバルブユニットの故障が原因の場合、部品交換する必要があります。この場合、いったん本体を分解しなければなりません。温水タンクや操作パネルで水漏れが発生している場合、本体そのもので何らかの不具合が発生している可能性も疑われます。この際には本体そのものを交換することもあります。

■まとめ
トイレのウォシュレットの水漏れといっても、原因はいくつか考えられます。接続部分の緩み程度の簡単な問題であれば、素人でも自分一人で対処できる可能性はあります。ただし内部のトラブルであれば、精密機械のため下手に触ると逆に症状を悪化させる可能性があります。よって業者を呼んで、適切な修理をお願いしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ