トイレのタンクレバーから水漏れした場合の対処法

トイレ 水漏れは一般家庭で発生しても決して珍しくはないです。もし問題が発生したら、どこで起きているのか原因を特定する必要があります。トイレの中ではあまり多いケースではないですが、タンクレバーで発生している事例もあります。なぜこのようなトラブルが起きるか知っておくことでいざという時に焦らずに済みます。

■浮球の不具合

タンクを開けてみると、ボールのようなものがあるはずです。これが浮球で、給水弁の開け閉めを行う役割があります。この存在によって、タンクの中で水があふれるほど水が溜まらないようにしているわけです。ところがこの浮球がうまく機能しないと、レバーから水漏れが起こります。金具によって取り付けられているのですが、長年使っていてさびついてしまった、破損したなどの原因で動かなくなってしまうことがあります。この場合、浮球の修理・交換をすれば症状が改善するでしょう。

■パッキンが故障している

レバーとタンクとはパッキンによって接続されています。このパッキンがもし破損や劣化してしまうと、機能不全を起こします。もしタンク内の水位が高い状態でこのような問題が発生すると、水漏れが発生しかねません。この場合、レバーそのものを新しいものと交換する必要が出てくるでしょう。レバーのあたりから水漏れが発生していると、あわてるかもしれませんが、冷静に対処することで大きな被害になることはありません。

■まとめ
レバーから水漏れが発生すると、「なぜこんな場所なの?」と思ってしまって何から手を付ければいいかわからず混乱してしまうケースも多いです。しかし原因として考えられるのは紹介した2つのうちのいずれかに絞られます。原因が特定できれば、それに対してどうすればいいか考えればよいので対処法もそれほど難しくないです。自分で修理できる場合もありますが、不安なら業者を呼んでしまったほうが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ