トイレ水漏れのトラブルで最も多いタンク

水道工事業者にはいろいろと家庭における水回りのトラブルに関する相談が持ち込まれます。その中でもトイレ関係の案件は少なからず見られます。いろいろと原因は考えられますが、その中でも最も多いといわれているのがトイレにおける水漏れです。なかなか気づかない、ひとたび発生すると大きなトラブルになるのが問題です。

■異常になかなか気づけない

トイレタンクもほかの設備同様、長年使い続けていると徐々に劣化します。しかしその異常に一般の方はなかなか気づけないでしょう。というのもタンクは陶器製でふたがしまっている状態ですから、一見すると何も変わらないような気がするからです。しかも常日頃、ふたを開けていちいち中を確認している人はあまり多くないでしょう。このため、本格的に壊れるまで異変に気が付かないという方は結構多いです。

■いったんおかしくなると大きな問題に

しかもタンクのトラブルが厄介なのは、ひとたび発症すると事態が大きくなってしまう点です。というのも水量が多いからです。大体新しいタイプのものでも1回あたり7~8リットルもの水を流しています。古いものだと17~18リットル流しているものもあるほどです。ペーパーや汚物を洗い流すためにはこれくらいの水量がどうしても必要です。この水が漏れ出した場合、一気に床が水浸しの状態になってしまうことも考えられます。

■まとめ
トイレの水漏れの中でもタンクで異常が発生すると、かなり大掛かりな工事が必要な場合が多いです。もしこのような問題が発生したら、とりあえず元栓を閉めて業者を速やかに呼んだ方がいいでしょう。もしタンクの内部が長年使い続けていて劣化も進んでいるようであれば、思い切ってトイレリフォームをするのも一考です。新旧比較すると、水量がだいぶ異なりますので、水道料金の節約効果も見込めます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ