トイレの水漏れが起きた場合の3つの対処法

トイレの水漏れが起きた場合の3つの対処法 私たちの生活の中でもトイレは欠かせない存在といえます。このトイレでトラブルが起きることも十分考えられるのですが、その中でも代表的なのは水漏れです。いったんトイレ 水漏れが発生すると、どうしたらいいかわからなくなるかもしれません。しかし特にマンションなどの集合住宅の場合、自分の家の床が水浸しになるだけでなく、階下の天井を濡らしてしまうこともあり得ます。そこで早急に対処する必要があります。もしこのようなトラブルが発生した場合、まずどこで不具合が発生しているか場所を特定することが大切です。箇所によっては、業者を呼ばずに自分で何とかできることもあるからです。そのためには部位別の問題について多少なりとも知識を持っておく必要があります。

■接合部分で水漏れが起きている

給水や排水パイプのつなぎ目のところで水が漏れ出しているのであれば、多くのケースでパッキンが劣化している、もしくはナットが緩んでいて隙間ができていることが原因です。もしパッキンが劣化しているのであれば、新しいものと交換しましょう。この交換について、DIYなどを普段やっている人であれば対処できるかもしれません。ちなみに交換パーツについては、ホームセンターなどの販売店で購入できます。ナットの緩みの場合、ドライバーなどの工具が自宅にあれば締め直すことで解決するでしょう。こういった問題であれば、自分でも対処できるかもしれません。

■タンクの水漏れ
トイレタンクが濡れていたり、真下の床が濡れている場合は、内部にある部品の何かしらが劣化を起こしている、もしくは外れていることが考えられます。そのため、まずはふたを開けて中身を確認します。この中でも多いのは浮球の外れているケースです。ゴム風船のような球体を見かけたことはありませんか?これが外れているだけであれば、正しい位置に戻すことで問題が解決する可能性は高いです。また水道料金を節約するため、ペットボトルをタンクに入れている家庭もあるでしょう。しかしこのペットボトルが浮球にぶつかることで外れてしまうケースも見られますので、できる限り余計なものは中に入れないようにしましょう。

■便器のトラブルの可能性も

便器が濡れている場合には、まず表面に付着している水を拭いて水を洗してみましょう。もし濡れないようであれば、結露の可能性が高いです。この場合、本体そのもののトラブルではないですから、何もしなくても構いません。結露した際にこまめに拭き取れば十分です。ただしもし水を洗して特定の箇所が濡れるのであれば、その部分にひびが入っている可能性が出てきます。ひびの箇所が特定できれば防水テープやパテなどを使って応急処置をするといいです。よく確認してもひびがない、もしくは下部で水漏れが起きている場合には、排水管をつないでいる個所の劣化かもしれません。ひび割れや排水管とのつなぎ目の問題であれば、便器を取り外さないといけません。こうなってくると、やはり専門業者に依頼すべきです。

■まとめ
このようにトイレの水漏れと一言で言っても、いろいろな要因が考えられます。どうすればいいかわからずにパニックになってしまう人もいるでしょうが、落ち着いてどこで漏れているのか確認することです。ナットが緩んでいるとか、ボールが外れている、ただの結露だったなどの簡単なトラブルの可能性も高いです。この程度であれば、業者を呼ばなくても自分で対処できるかもしれません。しかしパーツの劣化であれば、素人が触ると逆に症状が悪化しかねません。自信のない方は速やかに問合せをして、専門家に確認してもらうことです。この時、止水栓を止めておけば、内部の水の流れを止められるので水漏れの悪化を防げます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース